コープデリの注文方法(1)基本のカタログで注文する方法

ポイント

この記事では、コープデリのカタログでの注文方法を書いています。はじめは行ったことのないスーパーのように、どこに何があるかわからず時間がかかりますが、慣れてしまえばラクチン。カタログ自体にもおすすめ別に色がつくなど工夫されているので、今ではすっかり注文が楽になりました!

コープデリの注文用紙に、注文したい個数を書き込む

まずはこちらが注文用紙。ざざーっと番号順に品名が並んでいます。
カタログを見ながら、買いたいものの番号に個数を書けばOKなのですが、そのパターンが3つ。

注文票にざざーっと載っているのは、3桁の商品。
これは、見つけたら商品名のところに番号があるので、そこに個数を書き込みます。

おでんを注文したい! おでんは、2番。(赤丸)

カタログの2番のところに「味にぎわい」とあるので、そこに「1」、2個頼むなら「2」と書きます。
これで完了。
注文票にない場合もあります。

例えば、カタログで季節限定のビールを頼もうとしますが、この注文番号は6桁。注文用紙にはありません。
そこで、この6桁の番号を注文用紙の下部の欄に書き込みます。

こんな感じですね。あとは、個数を書けばOK。
1パック6缶なので、「1」と書けば1パック分6缶届きます。

同じく4桁の注文番号も、

これを買う場合は、下部に右詰で書きます!

使えば使うほど、だんだん便利になる注文用紙!

「しまった!今日はコープの日なのにカタログチェックしていない!」

なんていう日もあります。

「この間頼んだ、あれが欲しいのに見つからない・・・」

なんていう時もあります。

そこで便利なのが、注文票の色分けシステム。今までに注文したことがある商品は、水色になっているんです!


だから、時間がない時はざざーッと水色の部分だけチェックして、いつも頼むものだけ注文することがあります。

「今週のお買い得品が知りたい!」

という場合も、お買い得品はピンクに色分けされています。


お買い得だから買ってみようかな、なんていう時に便利です。

さらに、「買ったことのある商品が今週お買い得!!」なんていう絶対買っておきたいときには、

水色の色分けに赤い縁取りがしてあります!!


いざ、トラックが来るまでに20分しかない~( ;∀;)という時は、私はこれを目安にして水色に赤い縁取りだけを注文!!!

なんていう荒業をします。
これで、何とかなるもんです。
続けていれば、こうして便利な色分け機能を使って素早く注文することもできますよ( *´艸`)

毎週絶対買うものは、いちいち書かずにほぺたん登録で自動注文できる!

とはいえ、毎週同じものを注文するのがわかっていて、探すのも記入するのも手間ですよね。

ポイント

我が家の場合は牛乳、納豆、食パンなど・・・配達の曜日にはちょうどなくなりそうな必須の食品を、登録しています。

この手間が省けるだけで、カタログを眺めるのもすごく楽になります。
とはいえ、かなりの品数を扱っているコープデリ、毎週同じ商品がカタログに載っているわけではありません。
中にはほぺたん登録できないものもあります。
登録できる商品は、カタログには「登録できます」のこのマーク。

悩み

登録の時、配達期間の希望の番号を書いてくださいとあったけれど、何を見たらいいのかわからなくてコープデリコールセンターに電話しちゃいました・・・
公式サイトのQ&Aにも専用注文番号がどこにあるのか書いてなかったので、わかりにくかったです。電話は、平日昼間の時間帯でオペレーターにつながるまでに、2分ちょい待ちました。

オペレーターの人に教えてもらって分かったのが、保存版のカタログにほぺたん登録専用の注文番号が載っているとのこと。
このカタログには、ほぺたん登録できる商品はすべて載っています。

ポイント

ほぺたん登録できる商品のセレクトは、組合員さんが良く使う評判の良い商品だそう。毎日使う食品には困りません。

自動配達の期間が、毎週・隔週・4週に1回が選べるので、便利です。
しかも、毎週配達にすると1品3円引き!

これが、明細です。きちんと1本につき3円が引かれています。


牛乳3本で9円引きが、1年間だと計432円引き!

これが品数が増えれば増えるほど、お得なほぺたん登録!
毎回買うとわかっているなら、少し面倒でもほぺたん登録をした方があとあとかなりお得ですよ(^_-)-☆
この6桁の数字を、先ほどと同じく注文書の下部に書き込んでおくと・・・

次の週にはほぺたん忘れず登録(登録商品)の部分に登録商品が出ています。

これで完了!

ほぺたん登録は、数を増やしたいときには訂正して増やせるし、お休みしたいときにも「0」と訂正の部分に数を書いておけばお休みできます。
旅行なんかで家を空ける時には、「登録商品全品次週お休み」に「1」を記入しておけば大丈夫です。

 

カタログでの注文は、カタログが川原から嫌だな~と思っていたけれど、個人的にはこういった注文票の色分けやほぺたん登録が一目で確認できるので気に入っています。

スマホからの注文だと、いちいち画面を移行しなくてはいけないし、何を頼んだことがあるか、何がお買い得かが視覚で一発でわからないんです。

忙しくても、かさばっても、使うほど注文が楽になるのがカタログのいいところですよ!